青汁のおいしい飲み方

青汁のおいしい飲み方

青汁は、カラダにいいけれど、やはりどうしても「まずい」というイメージがありますね。

 

最近では、青汁メーカーの努力により、どの青汁製品もかなり飲みやすくなっていますが、とはいえ「おいしい」とまではいえません。

 

そこで、少しでも「おいしく」青汁を摂取する方法をご紹介したいと思います。

 

 

一番有名なのは、青汁+牛乳+ハチミツに入れる方法でしょうか。
ハチミツの甘さで青汁の苦味が消されて飲みやすいです。
キューサイの「はちみつ青汁」なんて製品もありますが、味的には普通の青汁に本物のハチミツを入れた方がおいしいです。
ただ、あまりハチミツを入れすぎると糖分の取りすぎになるのでご注意を。気になる方はハチミツでなくキナコを入れるという手もあります。

 

 

ここまでくると、結構なみなさん皆さんがきづかれると思いますが、青汁を抹茶のかわりに加えるということで、いろいろレパートリーが広がります。クックパッドなどでも見つかる抹茶ラテ、抹茶カルピス、抹茶スイーツ、抹茶ホットケーキのレシピで、抹茶のかわりに青汁を入れて、青汁ラテ、青汁カルピス、青汁スイーツ、青汁ホットケーキなどを試してもいいかもしれません。また、ツワモノはお好み焼きの青海苔のかわりに青汁粉末をかけてるそうです(これは関西人の私としては受け付けられません(笑))。

 

 

暑いときには青汁をアイスクリームにかけるのもいいですね。
最近の青汁は抹茶に風味が近いものも多いので、健康抹茶アイスのできあがりです。
逆に、青汁の中にアイスクリームを落とせば、青汁フロートになりますね。

 

 

それから、青汁スムージー。スムージーというのは、乳製品と氷、フルーツ類をミキサーでまぜまぜした飲み物ですが、これに青汁を混ぜれば出来上がり。ぶっちゃけ、ジューサーで野菜やフルーツを使ってジュースをつくると、搾りかすなどの掃除など大変ですが、こうやればかなり手間が楽になるなって感じですね。出来上がったスムージーもオシャレだし、これも夏にお勧めの飲み方です。